事例紹介

44、アダルト・チルドレンの強み

SPONSORED LINK

《こんな強みが》幼いころから、親子関係で苦労なさってきたアダルト・チルドレンの方にも強みがあります。養育態度に問題がある親のもとで育つと、おおむね2種類のタイプに分れるそうです。人との関係性をあまり好まず孤独でいるタイプと、親子関係で味わった寂しさを穴埋めするかのように人を恋しがるタイプです。

《代償作用》ご本人はもちろんのことそれが代償作用であるとは気づきません。あるクライアントさんにどうしてそんなに人なつこいのと言ったら「愛着を求めているから」と言っていました。おおむね自身の傾向と原因に気がついているアダルト・チルドレンもいるのですね。

《人恋しいタイプ》さて人恋しいタイプは、人間関係で天才的な力を発揮することがあります。腕っこきの営業マンになったり、人の心に食い込むような魅力的な話し方をする方だったりと。一般健康人が足元にも及ばないほど魅力的だったりします。女性の場合はかわいい話し方をする方もいます。人たらしといえる方もいます。

《生き残り戦略》こういうことも、サバイバーとしての無意識の生き残り戦略なのでしょうが、当の本人たちは、それが親子関係の欠落からきているとは思いもよらない方もいるようです。無条件に注がれるはずの愛が不足している中で、愛をもらいたいと苦労した分、人の気持ちを魅きつけることにかんしては、天才肌といえるのでしょう。

《事業家に多い印象》事業家にもアダルト・チルドレンの方が、多いような印象を受けます。この話をあるクライアントさんにすると、「それはこういうことだと思うの。他の人だったら断るような無理難題を引き受けるから」とのお話。

《心は苦しい》事業家のアダルト・チルドレンにかぎらず、アダルト・チルドレンの中には、仕事で成功し、共依存にもならず、普通の方と結婚して普通に家庭を営んでいる方もいます。でも、こういう方でも心は苦しいままのことが多いようです。

《適職は秘書?》あるクライアントさんの話によると、アダルト・チルドレンにもっとも向いている職業は秘書だとか。秘書職は、たしかに共依存の方だと、とても適職でしょうね。なるほどと思いました。

 

SPONSORED LINK

コメントを残す