心理学ニュース

30、統合失調症とPTSDの似ているところ

SPONSORED LINK

震災などによる心の傷、いわゆるPTSDが知られるようになったのは、阪神淡路大震災からでした。精神医療史のうえではかなり近年のことといえます。それまでは、心の傷が精神疾患につながることがあるということを精神医療の世界では、認められていませんでした。そのような提案が過去にあっても、医療者や家族の団体の反対で、正式には認められてきませんでした。それで、ある著名な精神科医がPTSDの知見のために「心的外傷と回復」という被虐待児童のために書かれた本を翻訳しました。その本によってわかったことは、PTSDと虐待による心の被害はおおいに共通性があるということです。それ以来、まずい養育環境が心におよぼす影響について多少認められるようになったのですが、いまだにACの問題やPTSDについてよく知っている医師は少数派といえるでしょう。

とくに地方によっては、古めかしい診断によってPTSDが、統合失調症と診断されることが今だにあります。またじっさいに重いPTSDは、統合失調症とまぎらわしい症状が出るものです。たとえば妄想や幻覚。幻覚や妄想がおきると、通常は統合失調症の確定診断にいたります。しかし、PTSDと同じつらなりにある恐怖症ととらえることもできます。私は、重いPTSDの方を何人か存じ上げていて、いずれも精神科医によって統合失調症の診断を受けている方たちなので、はて、統合失調症の源流もやはり複雑性PTSD?という思いに傾いてしまいそうになります。

このように精神疾患の症状には、クロスオーバーまたは、分かちがたくかぶっていることがけっこう多くて厳密な分類がむずかしいことがあります。

そこで方向性を変えて、私なりにPTSDか統合失調症かの見分けをつける方法を考えてみました。統合失調症の方はカウンセリングが効かないといわれています。統合失調症の方の病前気質は、よく非社交的、内向的などといわれています。どちらかというと人間関係は苦手なほうで、そのかわり勉強や仕事などにこつこつと取り組むことなどができます。純粋で清らかな方たちです。また専門家によって性質などのもともとの脆弱性が指摘されています。それに対してアダルトチャイルドの方の性質は、基本的に人との関係性を好み、人に対して働きかける能力の高さを感じさせます。ご本人の自覚としては、どれほど打ちのめされていて自信喪失状態であっても、基本的にそのような傾向があります。

PTSDに陥っていて統合失調症的な症状が出ていても、カウンセリングが有効であればPTSDととらえて回復をはかることが可能です。PTSDか統合失調症かわからないような症状の出ているような方は、アダルトチャイルドの典型的な気質を持っている方に比べるとたしかにカウンセリングの効果はゆっくりときいてきます。どこかに強い傷つきやすさを感じさせます。典型的なアダルトチャイルドの方などは、カウンセリングがぐいぐいと効きます。

統合失調症と診断されたPTSDの方でも、吐き出す(話す)ことによって妄想や幻覚でない部分の回復をはかっていきます。そうすることによって、自分自身の症状というものへの気づきが得られます。お薬を続けながらカウンセリングによる根本治療を続けていただくとよいでしょう。

 

 

 

 

 

SPONSORED LINK

コメントを残す