心理学ニュース

224、美人と金持ち、どちらが幸せーカウンセラーとして感じたこと

SPONSORED LINK

《夜り番組で》マツコデラックスさんの会話って思わずひきこまれてしまいますね。いつも楽しみにしていて、テレビの前でオンエアを待つというほどではないのですが、夜ふけにマツコさんが登場して、トークが始まるとなんとなく笑いながら見てしまいます。

《究極の選択》このあいだも美人と金持ちどちらが幸せかというトークをしていました。これって究極の選択かもしれませんね。マツコさんは、このごろ稼がせていだたいているけど、幸せになったという感覚とはほど遠いと話しておられました。稼ぐようになっても心は安らがないというのです。

《一番の幸せは》そういう意味で一番幸せな状態とは?という問いにカウンセラーとしてお答えするのなら、親から適切に愛されるほどの幸せはないといえます。母から愛され過ぎても、窒息状態になるし、愛の欠乏感のつらさも、これは大したものです。

《適切な愛》よい親子関係のなかで育つと、不遇であっても、そこそこ乗りきれるし、そこにはつねに安らいだ気持ちがあります。ただこれはよく考えると、美人か金持ちかの以前の問題といえますね。たしかにそうなのですが、親から、適切に愛されなかったこと、これによる欠損状態ってじつはほんとうに多いのです。

SPONSORED LINK

コメントを残す