事例紹介

50、引っ越しうつを体験しました。

SPONSORED LINK

《引っ越しでくたくた》引っ越しって、かなりの期間にわたって忙しいので、体がくたくたになります。当サイト運営者も、体の疲れが心をむしばむ体験をしました。引っ越しを終えてもあいかわらず忙しい日々のことでした。ある朝目覚めたとき、どういうわけか私の頭が死への誘(いざな)いでうずめつくされていたのです。

《死が額にはりつく》額(ひたい)のあたりに死がぺたぺたと張りついている感じでしょうか。「あれ、死ににいかなきゃあ」と思いました。そのまま寝床でぼやっとしているうちに、ふと気がつきました。「ああ、私は疲れているんだ」そんなふうな直感がよぎりました。

《気持ちが傾くタイプ》その後、かなりの不幸を抱える身となりました。その時も、美しいネオンが映る夜の海にはまりたいと感じることがありました。抵抗感はありませんでしたが、ばく然としたものです。現実に実行するほど強くひかれていたわけではないようです。当サイト運営者の場合、心が弱ったとき、うつ的になってどよんとするよりも、死へと感情が傾くタイプのようです。

《未遂事件》これは、思考というよりも感情がそういう方向に向かうタイプとしかいいようがありません。クライアントさんのなかにも、仕事が非常に忙しいときに、かなり成功率の高い方法で、未遂事件をおこされた方がいます。その方も、仕事がぎっしりと詰まっている時に、気づかないまま感じたストレスによって、死へと導かれてしまうタイプだったようです。

SPONSORED LINK

コメントを残す