心理学ニュース

146、アダルト・チャイルドの方が好む小説ーアガサ・クリスティ

SPONSORED LINK

《作家には多い》作家には、アダルト・チルドレンと思われる方がたくさんいます。坂口安吾、志賀直哉、太宰治、田中英光、夏目漱石、等々数えあげたらきりがないくらいです。純文学系にかぎったら、アダルト・チルドレンの繊細な資質は、芸術作品にとって、よく作用しているようです。

《傷を直撃》彼らの作品の特異な世界は、読者を魅了するのです。たとえば、阪口安吾の「風と光と二十の私と」などは、青春文学の記念碑といってもよい面があります。しかし、アダルト・チルドレンの方にとっては、苦しみがダイレクトにすぎて、自分の傷を直撃し、ううっとなるようなところがあります。

《小説が好きなアダルト・チルドレン》小説好きのアダルト・チルドレンが好きな小説としてたびたびあげるものにアガサ・クリスティ作『春にして君を離れ』があります。この小説は、原因となった傷には、触れることもなく、アダルト・チルドレンの心の要素をよく表しているようです。

SPONSORED LINK

コメントを残す