心理学ニュース

121、援助職を選ぶ人

SPONSORED LINK

《人助けの仕事》アダルトチャイルドをフィールドに入れた見方によると、援助職を選ぶ人は、かつて傷ついて育った人だという見方があります。援助職とはいったいなんでしょうか。援助職とは、人を助ける仕事のことです。

《看護師、教師など多彩》援助職のジャンルは広くて、看護師、精神科医、セラピスト、教師、保育士、介護士、消防士などです。自分の腕や能力を仕事にせいいっぱい活かして生きていくのではなく、職を選ぶ動機が人助けというとわかりやすいのかもしれません

《お礼をいわれるとうれしい》また、お礼をいわれるとものすごくうれしいという職業の喜びをあげる人もいます。まあ、広い意味での、あるいは社会的に意味のある共依存といってもよいのかもしれません。

《私も傷つき体験が》もちろんのこと全員が傷つき体験があるわけではなく、そういう方が含まれている割り合いが高いといった程度でしょう。それから医師も援助職らしいですね。聞いた話では、最高の援助職は、消防士とか。体をはって命をかけるからでしょうか。そういえば、セラピストである私も、よく考えるとかなりひどい傷つき体験があります。

SPONSORED LINK

コメントを残す