心理学ニュース

72、からかいは虐待の一種

SPONSORED LINK

《客の前で子どものことを暴露》グチのたれ流し、暴力、拒絶的、わが子にたいするこうした態度は虐待に該当します。こうしたものだけが虐待ではなく、子どもをからかうのも心ない行為で、虐待の一種だと思われます。からかう親は、からかうのが専門というわけではなく、愛情のないへんな言葉を平気で言ったり、客の前で子どもの恥ずかしいことを暴露して客にサービスしたりと、決定的に虐待的とは言えないような微妙なイヤな感じをかもし出しながら、生活しているようです。

《からかい大好き》からかう時は、本人は、ほんとうに楽しいようです。おもしろいことと感じているようです。子どもの第二次性徴が始まると、家族の前で性の成長を指摘して、あざけったりちゃかしたりします。子どもは怒りながら成長していきます。暴力というほど恐怖支配はないことが多いので、後に子どもから逆襲されることが多いようです。

SPONSORED LINK

1 thought on “72、からかいは虐待の一種”

  1. はじめまして。30代前半、2児の母です。
    ここに書かれていらっしゃる通りの人生を歩んでおります。
    私は物心付いた時より父を筆頭に母、祖母より「からかい」を受けて育った一人っ子です。
    「からかい」は容姿に始まり、性格の否定、思春期の体の成長、異性関係、
    仕事、結婚、出産、子育て、そして我が子(彼らにとっては孫)まで続きました。
    自分1人がけなされ、からかわれているうちは「親のおもちゃ」を演じきる事ができたと思います。
    その後、幸せな家庭を築き、子育てをしていくうちに、自分の痛みに気がついてしまいました。
    この痛みの意味、答えが知りたくて色々な本を読みましたが、
    「からかう時は、本人は、ほんとうに楽しいようです。おもしろいことと感じているようです。」
    この点に言及している本には今まで出会えなかったので衝撃を受けました。
    私の父もそうだったのです。
    本当に面白い事をした、自分はユーモアにあふれた人間だと信じていました。
    「からかい」が私の家庭と我が子にも及んだので、現在は実家とは縁を切り穏やかな日々をすごしております。
    長くなりましたが、一つお聞きします。このような「からかう親」というのは珍しくない物なのでしょうか??
    「人は、けなされれば悲しい、からかわれれば悔しい」
    大人なのにそんな事も解らない人格がなぜ存在するのでしょうか・・・。

コメントを残す